猫びより5月号

※画像をクリックすると詳細が表示されます。

ご覧いただいた中で、お好きな作品がありましたら、店頭にあった場合に限りますが、メールまたは、お電話いただければ対応させていただきます

明治10年築の一軒家に40人の手作り作品がズラリ!!

“2~10月まで猫展を開催!!笑顔になれる一点ものに出会える”

Work Cycle Image

外見は約130年前に建てられた入母屋造り、大和棟の一軒家は、少しずつ近代化していく町の中にあって、独特の存在感をずしりと放っているギャリーとなっております。

ギャラリーに一歩入っていただければ、一口に【猫】と言ってもこんなに多種多様な表現方法があるんだと実感していただけます。

黒猫に白猫。寝ている猫や、ウィンクしている猫、手のひらにのる小さなアクセサリーから、存在感抜群の大きな招き猫まで、しっとりとした町家の中で、実に多様な猫があなたを待っております。

各地で活躍する作家さんから届く、オリジナルの一点ものを扱っております。また、当ギャラリーでは阪神百貨店にて猫、木工展や、花・鳥・カエルをテーマにした作品展なども行っております。

自分用としても、贈り物としてもここにしかない出会いがきっとあります。

アクセサリーやバッグ、Tシャツ、人形など約3千点もの作品が並ぶ作品展は、ネコファンならずとも楽しめます。是非、多数のネコたちに会えるこの町家ギャラリーへお越しください。